2014年6月29日日曜日

関係者各位

チューナー出てきました。



冷やし中華始めました。

学祭の練習

何十年か前にどこかの外国の小さな街のヤンキー数人が深夜バスに潜りこんだ夜に生まれたギターリフとコード進行を

何十年か前に(他の国の数人とおなじように、)時代の流れにめざとい日本人の音楽家数人が模倣したのが、

何回も模倣しつくされて形骸化して、

そこに何の加筆も修正も加えず、まるでコピー&ペーストしたものに

「俺は俺のスタイルで生きるのさ、邪魔するやつは糞クラエィ」というカッコいい歌詞がのっかる


血統書付きの猫ちゃん、ヒルズの絢爛マンションで(最高級カツオの缶詰めをもらいながら、)自由を叫ぶ。 みたいな


ニャー と鳴いてみる→ テレビが絶賛→社会現象



あ、家の近くの大学の爆音練習(学祭に向けて?)がはじまったんだけど、毎年いつも、次のコード来る前にこっちで(大根きりながら)次にくるコードの名前、言えちゃうみたいな予定調和で。


ま、自分の職業病なんだけど。



たまに次が読めないような音楽が来るとアガルだろうけど(聞こえたことないけど)、とりあえず音量はサゲテもいいかもね。

2014年6月24日火曜日

visitors

暖かくなってから、(毎年のように)月替わりでいろんな来訪者が群れでやってくる。

ハネアリ→ナメクジ


そして今回は関西から戻ったら黒アリさん達がキッチンまわりをせかせかと。。。

国外追放百匹以上、

何十匹かは諸事情あり、あちらの世界へ…

どうやらシンクの下から来てるっぽかったので薫り高いコーヒー豆さんで結界を張ってやったら、またたく間に いなくなった。

商売あがったりだい!

コーヒー屋さんは蟻と無縁なのか、今度コーヒー屋さんの知り合いに聞いてみよう。

薫り高くなくなったら戻ってくると思うので、そん時はライターで再焙煎。

当店薫り高い豆をご用意して、いつでもお待ちしてますぞ。
(○野郎どもが!)


そしてふと視線を感じる、

一部始終をヌメヌメと眺めるもの、一匹有り!!

2014年6月21日土曜日

おんざろーど

路上

読みながら東に向かって。


主人公がパイとかアイスばっか食べてるのに感化されて、SAのスタバ(スタバじたい一年に一回くらいしか入らない)でダブルチョコフラペチーノ頼んでしまった。今月使うお金の残り5分の1ってことも忘れて。。

バスはまるっきり空いてて、天気も良くて、ダブラブヨブズさんから譲り受けた、ウルトラ巨大バッグも、しっかり仕事してくれて肌触りよくて足乗っけちゃってて、後はアルタードステイツでも聞けたら最高、みたいな心だけは非常にぜいたくな土曜の路上。

ま、

とは言え

必要な人
必要な時
にはやはり必要なんだろう。

ヨワネ

他人にヨワネ吐くのって

エゴイズムでしかないんだよな。

ヨワネ吐くんやったらまだツヨネ吐いといたほうが絶対いいな。

せいぜい他人に聞こえないようにしないと。人に伝えるってことはヨワネに溺れてるってこと。
溺れると楽なんだ。でも、それは自分だけ。


傍観して思った。


自戒。

今までヨワネ吐いてしまった皆さん、ごめんなさい。

ぼくはちゃんと野津昌太郎一人分生きてるので、ヨワネなど吐く必要なかったのだ。

2014年6月14日土曜日

明日はシーサイドホテル・舞子ビラ神戸にて、バンブーファミリーコンサート

ティグラン・ハマシャン(東欧の新世代クロスオーバー系ピアニスト)の音楽って、某メランコリックオーケストラの作曲家(ぼくでない方)とすごく近い世界観があるなぁ、とふと思った昼行バスにて。

年代もほぼ同じだし、バックグラウンドも共通項が多いのだろうか 。

明日、舞子にあるホテル舞子ビラ・あじさいホールにて
バンブークラブ(大阪天満にある色んな意味で濃い、そして個人的にとてもお世話になっているライブカフェバー)の12周年記念スペシャルコンサートに出演のため神戸に向かっておりますー。

野津昌太郎nonet feat.Rumi ということで、
インストゥルメンタル2作品とルミママを迎えてスタンダードを3曲。

それぞれ自分の音色(ボイス)を持った素晴らしい管楽器奏者5名+ピアノ、ベース、ドラム、ギター

という編成で14時から1ステージ、演奏させてもらいます。
我々の他、関西のジャズ界を代
表する大御所様に素晴らしい手腕のジャズピアノトリオ、ボーカリスト達、バンブークラブゆかりの方々が出演されます。

まだ残席ありますので、ご興味あるかたは
shotaronozu.info@gmail.com
までご連絡いただければチケット取り置きさせていただきます♪


「Bamboo Family JAZZ CONCERT」
6/15(日)
@シーサイドホテル舞子ビラ神戸
あじさいホール

13時半開場
14時開演
料金2,500円
(1ドリンク付)

出演
野津昌太郎nonet
feat.Rumi
他 (出演者詳細はライブスケジュールをご覧くださいませ)


10人近くの編成でアンサンブル作品を書くことは滅多にないので、今回限りの演奏になります。

覚悟はしながらも、編成的にかなり試行錯誤しましたが、素晴らしいメンバーのサポートのおかげで、なんとか実現。。

おっとこまかいプロセス談話は、お客様にはご不要。ここまでにしておきます!

ぜひ聴きに
来て、素晴らしいおとたちの響きあいを感じてくださればありがたいです。

2014年6月9日月曜日

2014年6月7日土曜日

さぁ出発

今回もたくさんの人たちに出会い、触れられて幸せでした。
なまみのこころたちが、いきかって、ぶつかったり、わらったり

みんななまみのこころ。

この先、何が待ってるんだろう。


みなさんありがとう。

2014年6月2日月曜日

次のライブは6月4日 Take5にて新プロジェクトCanopu!

6/1しおやと、

日々、漠然と準備をすすめながら、
セットリストなど一切決めず、
空気から積み重ねていけたら

ふわふわ

のりこなしていけたら、

思っていたのだが、...

弾き語りという迷宮に足をすくわれかけた。
迷子のひよっこ。

たくさんの挑戦をして、

個人的には2勝8敗か3勝7敗。

まだまだ、これじゃ大きな世界にたちうちできない。

だけど、ここから積み重ねていける。

今日の塩屋の空気はやや優しく教えてくれた。

お見届けくださった皆様店主さま、感謝。

夜まで爆睡して、ココロ新に出発。

次のライブは水曜日、なんば(大黒町)の Take5
にて、ピアノ/作曲の日吉くんの新プロジェクト"canopu"で作曲、出演します。

ベース、ドラムの二人とはほぼはじめまして。

日吉君のメロディが、浅井くんのサックスから流れると
夢のようです。

ぜひお越しを、おすすめです!




◆2014.06.04 Wednesday
@大阪・大国町Take Five

[開場/開演]
19:00open/19:30start

[出演]
piano 日吉直行
guitar 野津昌太郎
alto sax 浅井良将
contrabass 手島甫
drums 伊波大輔

[料金]
¥2500

[お問い合わせ]
大国町Take Five
http://www.take-5.jp/