2014年4月30日水曜日

お知らせなどいくつか。

しばらくの間、またインターネット環境を離れることにしました。

相変わらずある方面でのバランスを取るのが苦手なままで、ネットを介した情報収集・コミュニケーションが最近過剰になってきてたよう。
依存的になって、他の生活面で支障が出てくるまえに、一度ひきあげます。

有り難いことに、この度、ネットでライブ告知やお知らせなどを管理してくれる方(本当にありがとうございます涙)が見つかったので、
ライブ告知などは変わらずスケジュールの方でアップしていきますし、
メールからこっちもちょくちょくアップするかもしれません。

SNSなどでの露出は減ると思いますが、ライブ会場や町や道ばた他、やメールでつながれるのを願っています。
(gmailに送っていただいたメールは、僕の携帯メールに転送されるので、チェックできます)
(facebookや、twitterの方は、うまく転送されないことがあるので、shotaronozu.info@gmail.comよりメールいただけると確実です)



さて、近々のお知らせをいくつかさせてください。

来週はピアニスト日吉直行くんの故郷、宮崎県延岡市で演奏してきます。
結構席が埋まってきてるそうですが、もし響きそうなお知り合いの方いらっしゃればお声がけください♪

◆2014.05.04(日)
@宮崎・延岡アウトハウス

[開場/開演]18:30/19:00
piano 日吉直行 guitar 野津昌太郎
¥2500

[お問い合わせ]
アウトハウス
〒882-0827
宮崎県延岡市船倉町1-5-14-1F
延岡駅出口から徒歩約14分
tel:0982-33-0093



◆2014.05.05(月)
@宮崎・延岡虎屋

[開場/開演]18:30/19:00
piano 日吉直行 guitar 野津昌太郎
チップ制

[お問い合わせ]
延岡虎屋
宮崎県延岡市幸町1-20
tel:0120-32-5500




そして、6月1日(日)には神戸の須磨の隣駅、塩屋のさいこうなのひだまり空間にて
弾き語りをやってます。

6/1(日)
野津昌太郎 ギターとかうたとか
投げ銭 誰でも入れます
時間はお昼 (詳しくは後日)

勝手に休憩はさみながらのびのび2時間ほどやってると思います。
で、問題ないですよね、店主?

店主のワルツのステップがみたいなあ。
奥方さまとくるくるまわって、まわって、
エルニーニョ現象につながります。

イルカの曲(Boto)もソロギターで弾けるようにアレンジしよう。


しおやと、は日ざしが気持ち良いです。
空気が良いです。
音が広々して気持ちよいです。
昼間からコステロ&ビルフリとかがしれっと流れてます。
海が近いです、山が近いですむしろ山、

駅からも近いです、

でも最初は(多分)迷います!

雨でも、ばっちりです、
ぼくのつくるうたはなぜか雨のうたばっかりなので。


その他ライブ情報は随時こちらで更新していきます。
ライブのお知らせや、出演情報はこちらから
←新しいweb site に変わりました!





最後に、今夜の晩ご飯が贅沢すぎたので。。。


豆腐屋さんの京がんも(ひじき、ごぼう、にんじんなど色々はいって1つ30円!)

八百屋さんの雪うるい
焦がし味噌のディップで(おろしにんにく、しょうがに、先日炒めものの香り付けにつかった、唐辛子と花椒を油ごと使ったら超絶な逸品に深化)
ベーコン
大根おろし
ご飯
湯呑み一杯のお酒


これ全部でだいたい金麦のロング缶一本くらいか。酒いれても、菓子パン2つには及ばないです。
これけっこう贅沢な方。

お金かけなくても、おいしいご飯は食べれます。
町の頼れる商店さんたちに、感謝。





では、今後ともよろしくお願い致します!!







2014年4月17日木曜日

野津昌太郎Nonet 6/15(日)あじさいホール へよせて 

6/15に神戸のホテル・舞子ビラのあじさいホールで開かれるコンサートに向けて、作曲編曲がはじまっている。








変則5管、みなさんに持ち替えまくってもらいますが+リズムセクション
、こういったコンボより大きなアンサンブルで、緻密にオーケストレーションをしていくのは、某だいがく以来だけど、、超楽しいな。病みつきのあの感覚が甦る。


楽器ごとの特殊な音色効果によってもたらされる、リードシートの向こう側の色彩。




今回は、ぼくの弾き語りのうたの中で、とくにお客さんや共演者から親しまれている曲「雨の季節に」も器楽によるスペシャルバージョンで演奏されます。



”雨の季節に
出会ったお前は
雨の季節に
行ったんだ

紫陽花たちは
お前のあしもとを
あぁ あざやかに
彩った”




初夏、あじさいホール、そして実はバンブークラブとも深い縁があるこのうた、このコンサートが決まったときから演らないと、と思っていました。


メンバーの素晴らしい音色の想像に導かれながら、
雨が濡らすようにオーケストラの五線譜に音がこぼれていってます。




そんな途中経過報告でした。
4、5月は主に作曲家に転身しております。
転身でもないか。。


決まっているいくつかのライブはまた改めて。
掛け値なしの、素晴らしい企画ばかりお誘いいただいてます。


「Bamboo club ファミリージャズコンサート」
場所:シーサイドホテル舞子ビラ神戸
あじさいホール

日時:6/15(日)
13時半 開場
14時開演
チケット料金 ¥2500(1drink付き)

出演
Rumi(Vocal)
野津昌太郎 Nonet
野津昌太郎(ギター、指揮)
藤井美智(トランペット、フリューゲルホルン)
有本羅人(トランペット、バスクラリネット)
前田実(サクソフォン)
當村邦明(テナーサクソフォン、フルート、クラリネット)
吉岡明美(トロンボーン)
丑嶋恵(ピアノ)
井上歩(ベース)
伊波 大輔(ドラむ)

他 豪華ゲスツ!

詳細はこちら。
https://www.facebook.com/events/1380893315524101/

ヨタカ

ヨタカって本当にいるんですね。


宮沢賢治の架空の鳥かとおもっていました。


性も懲りずにうちの近くの河原でうたい続けてます。


春になったからか、鳴く鳥の声も色とりどりになってきて、

埼玉の野鳥や鳴き声などをネットで調べてたら、ヨタカが現れました。

他の動画で鳴き声もきいたけど、思ったよりもおとなしい鳴き声。

ヨタカ



久々に聞いたけど、石橋英子さんの名曲 夜鷹の星 もリンクしときます。

夜鷹の星

石橋英子さんとは、当時住んでた大阪・天満のアパートから歩いて30秒のところにあったカフェバー

バンブークラブで出会いました。ジャンニゼビアさんとDuoで来てました。

英子さんの曲は中毒のように聞いていた時期があった。

この曲は、秋のおわり、冬の始まりの空気にとてもリンクする。

自分の中では、夜の停まった空気の中を自転車で駆けている頃のうた。

2000円のダッフルコートのうた。

橋の下にて